可愛らしい見た目とは裏腹に剥き出されるキバ【イタチの捕獲方法を紹介します】

家

もし噛まれてしまったら

住居

イタチは実は危険な生き物なので、捕獲する予定のある方は注意することが必要です。イタチをペットとして飼っている方も多いとされています。しかし、最近ではマナーの悪い飼い主がイタチを飼いきれなくなって、そのまま捨ててしまう事例が多くなっているようです。飼い主に捨てられたことで野生化したイタチが、民家などに潜り込んで被害を及ぼすことがあります。もしイタチを飼っている方で経済的な事情や環境の変化などで、飼うことが困難になった場合は、自治体に連絡したり、インターネットなどを通じて新たな飼い主を探したりするなどが大切です。イタチは見た目が愛らしいため大人しいと感じることがありますが、野生化すると凶暴になる事例も発生しています。もし、イタチを捕獲しようとしても安易に近づくのは危険です。お腹が減っている場合は機嫌が悪いため、襲ってくる可能性があります。また、イタチに襲われて噛み付かれた場合は、捕獲は諦めてすぐにその場から避難して、助けを呼ぶようにしてください。イタチは見た目と反して歯が鋭いので、噛み付かれるだけで深手を負ってしまいます。また、野生のイタチは体内に多くの病原菌を持っていることがあります。イタチの体内にある間はそんなに危険の病原菌ではないとされますが、人間にうつってしまったときは大変な病気をもたらすことがあります。したがって、噛み付かれてしまった場合は、傷口から病原菌が侵入してしまうことがあります。病原菌が体内に侵入すると傷口が化膿してしまう他、そこから感染症を発生させてしまうこともあるので、大変危険です。イタチを捕獲する際は、十分に注意してください。